ニャシンべ・トーゴ共和国大統領の来日記録

東郷哲也衆議院議員、ニヤシンベ・トーゴ大統領との会談及びオイヌ同外相らとの会食 2013. 6.3

大統領:マンダリンオリエンタル東京、6月3日(月)

外相:横浜ベイホテル、5月31日(金)

 

(当方)東郷哲也衆議院議員

(先方)6月3日:ニヤシンベ大統領、ドグベ大統領府官房長、ボジョナ在京臨時代理大使

    5月31日:オイヌ外相、セモジ開発・計画・国土整備大臣、エサク大統領顧問

 

【概要】

(1)  先方より、水関係の支援の要請があった。具体的には飲料水は遠出すれば入手可能である、しかしトーゴは農業国であり特に北部はサハラ砂漠に近いことから、灌漑施設の整備が必要との発言があった。また、農産品の輸出につき、貿易先を見つけることが容易ではないとの発言があった。

(2)  先方より、教育面では、トーゴの小学校の就学率は70%程度であり、教育に関する支援も必要との発言があった。

(3)  ニヤシンベ大統領からは、トーゴ情勢に関する発言があっただけでなく、北朝鮮問題や、日米関係等の国際安全保障について関心が示された。なお、中国に関し、アフリカと同じ発展途上国であるとの認識が示された。

 

出典:外務省、TICAD Vでのトーゴ共和国大統領、外相の会談の詳細(ブリーフ)

安倍総理、ニャシンべ・トーゴ共和国大統領との会談 2013.6.1

平成25年6月1日、フォール・エソジンナ・ニャシンべ・トーゴ共和国大統領が,来日しされました。

 平成25年6月1日午後3時から約15分間、横浜において、安倍晋三内閣総理大臣は、フォール・エソジンナ・ニャシンベ・トーゴ共和国大統領(H.E. Mr. Faure Essozimna Gnassingbe, President of the Republic of Togo)との間で日・トーゴ首脳会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。なお、ニャシンベ大統領は本1日から3日まで開催中の第5回アフリカ開発会議(TICADV)に参加するため来日中です。

 

1 冒頭、安倍総理から、2011年に続くニャシンベ大統領の訪日を歓迎するとともに、日・アフリカ双方の発展を目指して、20周年のTICADをともに成功させたい旨発言しました。これに対してニャシンベ大統領から、歓迎に感謝する旨述べた上で、在アルジェリア邦人に対するテロ事件での日本人犠牲者に弔意が表明され、安倍総理から、弔意に対する謝意を表明しました。

 

2 続けて、ニャシンベ大統領から、マリの再建やサヘル地域でのテロとの闘いや、ソマリア沖海賊対処における日本の取組を賞賛する旨述べました。また、テロ対策、気候変動対策、平和構築の分野での日本の取組を支持する旨述べるとともに、安倍総理の西アフリカ訪問への期待を表明しました。

 

3 安倍総理からは、2011年にニャシンベ大統領自ら被災地を訪問し、支援を頂いたことに感謝する、これからもトーゴと緊密な関係を築きたい旨述べました。また、安倍総理より、食糧援助やノン・プロジェクト無償に署名したことに言及しつつ、トーゴの経済・社会の発展に向けた支援を継続していく旨表明しました。また安倍総理から、サヘル地域の平和と安定に向けたトーゴの貢献に敬意を表する旨述べました。

 

4 このほか、ニャシンベ大統領から、「アベノミクス」を賞賛した上で、同政策の成功への期待が述べられました。安倍総理からは、「アベノミクス」により強い日本経済を取り戻す、それがトーゴやアフリカ各国への支援にもつながることを期待している旨述べました。

 

出典:外務省ホームページ

管総理、ニャシンべ・トーゴ共和国大統領との会談 2011.6.7

2011年6月7日から6月12日,フォール・エソジンナ・ニャシンべ・トーゴ共和国大統領が,来日しされました。

1.概要

6月7日(火曜日)羽田着8日(水曜日)ビジネス界との朝食会福島県双葉町民避難所慰問(於:埼玉県加須(かぞ)市旧騎西高校)9日(木曜日)陛下御会見林JETRO理事長,渡邊JBIC・CEO,緒方JICA理事長,日本経団連による表敬首脳会談松本外務大臣主催夕食会(冒頭,債務救済に関するE/N署名式)10日(金曜日)在京アフリカ外交団主催朝食会パナソニックセンター視察議員有志主催昼食会日本企業による表敬11日(土曜日)東日本大震災被災地視察(於:宮城県亘理(わたり)郡亘理町)12日(日曜日)羽田発


2 菅総理大臣との会談
(1)菅総理大臣は,東日本大震災に際してのトーゴからの20万米ドルの義援金などの温かいお見舞いに謝意を表するとともに,大統領の訪日を契機に二国間関係を一層強化していきたい旨を伝達。 さらに,我が国はTICAD IVの公約を誠実に実現していく決意であり,トーゴへの協力も今後とも積極的に進めていきたい旨を説明。

(2)ニャシンベ大統領より,東日本大震災について弔意を述べるとともに,日本の対トーゴ支援に深甚なる謝意を表明。

(3)両首脳は,国連安保理改革等の国際的な諸課題についても,引き続き協力していくことで一致。

 

3 松本外務大臣主催夕食会
(1)夕食会では,松本大臣から,東日本大震災に際してのトーゴからの20万米ドルの義援金など温かいお見舞いに謝意を表明。 さらに,トーゴの経済成長,貧困削減のために,教育及び水・衛生分野等基礎生活分野を中心として,今後とも積極的に協力を進めていきたい旨を伝達。

(2)ニャシンベ大統領より,東日本大震災について弔意を述べるとともに,債務救済措置をはじめとする日本のトーゴに対する支援及びTICADを通じたアフリカ全体への支援に対する高い評価と謝意を表明。

(3)松本大臣及びニャシンベ大統領は,国連安保理改革や気候変動問題といった諸課題への対応に際しても,引き続き協力していくことで一致。

 

4 東日本大震災関連
(1)6月8日,ニャシンベ大統領一行は,埼玉県加須市の避難所を慰問。ニャシンべ大統領より,避難されている方々に対し,トーゴと日本の友好を示すプリントがされたTシャツが贈呈された後,日本赤十字社に対し20万米ドルの義援金を寄付。

(2)6月11日,ニャシンべ大統領一行は,宮城県亘理郡亘理町荒浜地区(漁港)及び吉田地区(苺の栽培地区)を訪問。荒浜地区では,地震が発生した14時46分に,齋藤町長と共に1分間の黙祷を実施。5 その他
議員有志主催昼食会への出席


 ニャシンべ大統領は,議員有志主催昼食会に出席し,日本のアフリカ支援に対し謝意を表明するとともに,意見交換を行った。(議連側より,増子輝彦民主党参議院議員,高橋千秋外務副大臣,榛葉賀津也民主党参議院議員,斉藤鉄男公明党衆議院議員が出席。)

 

出典:外務省ホームページ